スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしやw

事故った車のゼストスパークですが買取業者から自賠責残金とリサイクル料金の残りを封筒でこのぐらいになりますと封筒で着てました
車のほうはどうせ2個1、3個1(2台あわせて1台に、3台の部分を溶接とかなど工夫して1台に)って感じで中古車とかで売るだろうと思ってたけど

自動車検査証まで封筒と一緒に送ってきました
新しく生まれ変わりましたかw
それも新ナンバープレートでw
これを考えた中古車とかも買うのが怖いような気もしますね
素人が車を見ても事故車なんて分からないですからねw
にしても自動車検査証まで送ってきますかね?

まっ売ったのは自動車保険会社ですがね
運転手が事故したときに活躍する保険会社
それが事故車を復活させるようなとこに売るんだからおかしなもんですね
ガクガクブルブル

低周波治療器

なるものを買って、家で首や肩、腰とかや足とかにも電気をながして
家庭でできる治療ということで使ってます
オムロンなかなかいいね
温熱とかもできるやつにしてるのでこの温熱とかもすぐに温まるので気持ちいいです

最大の欠点は幹部に取り付けるパッドのゴムの粘着力がとても悪いですね
10回も使わないうちに腕とかのように丸い部分とかにピタッと張り付いてくれません
粘着力が落ちてるので服の袖とかで固定したりとか工夫をしないと駄目です
これさえなければ満点なんですがねw
写真を思いましたが

HV-F310と検索してもらえればこれなのかが分かると思います
温熱の暖かさが適度でいいですね
リストバンドかゴムバンドを買って、パッドを固定できるようにしないといけないですね

なんだかんだと言っても

もうちょいで2月に突入ですね
少しは寒波とかもやわらいでくれるといいですね
と、ツィッターでしたと普通ならこれで終わるところですね
ってかあまりにも短すぎると思うのでw

今年は運気がかなり悪いってのが分かりました
ご飯をよそうしゃもじがへし折れちゃいましたww
しゃもじが折れるなんて思わず体が硬直しちゃいましたw

まっ悪い方向に物事を考えるとろくなこともないので
ここは日ごろのせいやがいつも思ってる格言を一つ

せいや格言語録
バチも当れば、当り癖がついていつかは宝くじの大当たりを射止める

大雪でした

朝、起きて外を見たら大雪でした
一面、真っ白の銀世界
ってか真っ白なのに銀世界ってのも不思議なもんです
風とかも吹いてるので雪はまだ降ってるでしょうね
窓を開けるのを考えただけでふるえます

ってかほんまに温暖化なのですかね?
なんか夏は猛暑、冬は極寒の季節どおりに夏は暑い
冬は寒いとかのメリハリがついてますね
とてもじゃないけど温暖化なんて本当なのかいなと思うほど寒いです
皆さんも風邪とかには注意してくださいです

ろくな年明けじゃありまへん

愛車が大破しました
っていうか大破させられました
愛車の左側面に車がつっこんできて
反対斜線に吹き飛ばされました

左側面衝突
左右のエアーバッグ膨張
視界不良
ぶつけられた勢いで車は右の反対車線に投げ出されて
衝突の損傷でアクセル系統の暴走
アクセルが吹きまくってるのでブレーキがまったく効かない状態
なすすべなく建物の壁に激突
車は大破しました

まっあとは保険屋さんとかがでばって話し合いなんでしょうが
とんでもない年明けになりました
体中の節々が痛いです
怪我とかはないのですが怖いのは鞭打ちの後遺症

車は止まらない
ブレーキは効かない
建物の壁は迫ってくる
車の中で叫んでたでしょうね
止まれ!止まれ!
ブレーキよ効いてくれぇ~!

ぶつかる相手は建物だとわかってるので腕を目一杯突っ張ってたと思います
腕の力が負けたら建物の壁に頭が突っ込んで即死ってのが目に見えてたので
かなりハンドルを握ってたと思います
壁も怖かったけど対向車線とかに対向車が運よくいなかったのが不幸中の幸いですね
まさか横っ腹を車にぶつけられるとは思いもしなかったです

個人的な意見で言えば100%自分は悪くはないと思うのですがね
車を運転しているいじょうは100%なんてありえないと思うのでどのぐらいになるもんですかね?
状況説明とかで言えば
車をぶつけて来た人は買い物が終わってスーパーから出ようとしてた状況です
このスーパーには事故とかが多いので買い物帰りの人には白線とかで左に曲がって下さいという意味で
出口に左に曲がって下さいと白線で指示

なのにこの車は左に曲がらず直進して向こうの車線に右に曲がって帰ろうとしたです
勢いよく直進したからわたいの車に左側面衝突
その後、わたいの車はぶつけられた勢いで進路方向を変更されて対抗車線に吹き飛ばされた状況です

普通のダメージならブレーキをかけたら車も止まるのでしょうが致命的な損傷を車に食らわされたので
ブレーキが効かないまま止まるまで恐怖の密室空間みたいなもんでしょうね
パニック状態とかでも瞬間、瞬間の状況はわかるもんですね
止まってくれない恐怖の車内の中でも高級車とかはわかるもんですね
あの車に当たって止まったら損害がごつい!
夢中でハンドルだけに意識を集中して右にハンドルを切って車との接触を回避

二次災害を防げた、ふ~~
防いだけど目の前に迫ってるのは建物の壁
うぎゃぁ~~~!
止まってくれぇ~~!とブレーキを踏んでも効果はありません
どかん!
やっと止まりました

後は救急車の担架に乗せられて脳外科病院に直行でおます
安全性能が高いぜストスパーク
冗談やろうと思ってたけど安全やったのね
怪我もなく生きてるので
ってか、体中と首がかなり痛いのですがw

ってか、どのぐらいの勢いで横をぶつけてくれたのですかね?
左後ろのタイヤがパンクしてるのですがw

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。