スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3児死亡事故の今林被告に懲役7年6カ月、危険運転罪退ける

2006年8月、幼児3人が犠牲になった福岡市の飲酒運転追突事故で、危険運転致死傷罪と道交法違反(ひき逃げ)に問われた元市職員今林大(ふとし)被告(23)の判決公判が8日、福岡地裁で開かれた。川口宰護(しょうご)裁判長は「酒酔いの程度が相当大きかったと認定することはできない」と述べ、危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)の成立を認めず、予備的訴因として追加された業務上過失致死傷罪(同5年)を適用、道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)と合わせ法定刑上限の懲役7年6月(求刑・懲役25年)を言い渡した。

まったくもって胸糞の悪い判決ですね (´-ω-`)
酒を飲んでの運転はダメというのがあるのにアルコールの体内摂取量とかを決めていたのが危険運転をま逃れた典型的な事故裁判になりましたね。
この犯人、事故を起こしてから拘置所とかに入ってるので7年6カ月でなく5年ちょいで出てくるでしょうね。
日本の裁判って失った人の命よりテキスト(六法全書)に載ってる事ばかりを重視するならアホの私でもできまんがな (´-ω-`)
法律ってもう少し臨機応変な考えをもてないのですかね?

交通事故だからと交通事故だけの法を適用する。
仮にこれがナイフや包丁や銃の類の事件なら無期懲役や死刑とかも適用されているでしょう。
私たちの考えでは車は便利な移動手段でもあり悪くとれば凶器にもなりうると考えは持ってます。
でも日本の刑法とかでは車は凶器ではないとあからさまに問いかけた事件ではないですかね?

裁判長に車は凶器の考えがないから危険運転でもなければ殺人罪とかにも問わなかったというより問えなかったのでしょうね。
いつも思うのですが法って国会議員とかや法務省とかでないと作れないのですかね?
事件とかや事故とかを目の当たりに接している裁判官とかが今後、このような判決を出さないために刑法を改善しないといけないってのがないのですかね?
実際のところ、どのようになっているのか分からないのでその辺についてブチ切れて文句は言えませんがこの糞みたいな加害者が事件を起こしてからかなりの年月が経っているのにこのような軽い判決しか出してないので事件が起きてから改善をしているとは思えませんね。
φ(`д´)カキカキ

アルコールの体内摂取量とかがこの判決の分かれ目になったのでしょうがほんまに腹の立つ事件ですね。
判決とかで一番、煮え湯とかを飲まされている警察とかが車に関してはアルコールの摂取量とかには関係なく生命を奪う事故を犯したらそれは危険運転なんだと法を変えるようにすればいいのですがね。

だいたい殺人事件とかで未必とかや故意とかで区分分けしてることがおかしなもんですね。
人の命を奪っておいて理由なんてのを焦点に置く事態が間違ってるです。
正当防衛だけでいいですね。
やもえなく人の命を奪ったときとかは?ってのもあると思いますがそこまでにいくまでに警察に行くか逃げるかがあるでしょ。

この事件はアルコールとかを飲んで運転をしてる人とかに少量のアルコールなら大丈夫だと思っている人たちに勇気を与えるような見本にならなければいいですね。
失った3人の大切な命より日本の裁判は検出したときにアルコールの量が少なかったら井の中の蛙みたいな法だと露呈しましたね。

危険運転で捕まるよりはひき逃げでアルコールが抜けたときに自首すればいいと思う考えが広がると思いますね。
危険運転が駄目なら車は凶器になるんだと殺人事件を適用するような立派な裁判官とかが出てきてほしいもんですね。
亡くなった3人の子供たちのご冥福を祈ります。
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。