スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラック協会

補助金財源基金の残高が1200億円に
トラック業界の社団法人「全日本トラック協会」(全ト協、東京都)と各地のトラック協会が、都道府県の補助金「運輸事業振興助成交付金」を財源として基金を積み立て、その残高が06年度末現在で、約1200億円に達することが毎日新聞の調べで分かった。巨額の基金があるのに、交付金の支出は全国で年間約180億円に上り、毎年多額の税金が投入され続けている。

 また、トラック協会の関連政治団体が04~06年、自民党議員でつくるトラック輸送振興議員連盟(トラック議連)のメンバーら約70人に1億円を超す献金をしていたことも判明した。

 交付金は76年、軽油引取税の暫定税率が30%引き上げられたことに伴い、国の要請で導入された。輸送費用の上昇抑止を目的に、都道府県が地元トラック協会などに助成している。当初は2年間の優遇措置とされたが、税制度の維持とともに計8回延長された。

 各地のトラック協会は、事業者の借入金の利子補給などを目的とした基金を積み立て、06年度末の基金残高は全国で総額約930億円。交付金の約25%は各協会から全ト協に上納されており、全ト協の基金の残高も約290億円に達している。

 収入の約9割を交付金に依存している全ト協は、制度の延長や道路特定財源の一般財源化反対について、トラック議連の役員らに陳情を続けている。全ト協役員が代表を務める政治団体「道路運送経営研究会」が04~06年、議連メンバーら約70人に提供した寄付やパーティー券購入代金などは1億円を超えた。【田中謙吉、伊藤一郎】

 ▽全ト協の話 基金は国の指導を受けて運用し、全国の業者が受ける融資の利子補給や交通安全・環境対策事業などに適切に充てており、問題ないと考えている。政治団体は全く別の組織であり、協会からの直接の献金実績はない。

 ◇軽油引取税 トラックなどの燃料に使う軽油を購入する際に課税される地方税で、1956年に導入された。道路の新設や維持管理などに充てる道路特定財源となっている。税率は数回にわたって暫定措置として引き上げられ、現在は1リットルあたり32円10銭。

まんまヤフーの記事を使ったです。
(。_・☆\ ベキバキ
なんでこれが気になったといえば
ガス屋とかで3年ほど集金してた頃、トラック協会とかに集金に行ってたんですよね。
敷地は広くて建物は2階建て
どう考えても上司としかみえないのがいつも3人いる。
で何をしてるかといえば机のノートパソコンをいつも見ている。

まっ最初の頃のほうはエクセルとかワードとかで書類を見てるか作っているのだろうと思ってたのですが毎月、同じ姿勢。
ってかあれってインターネットとかを見て毎日、遊んでるだけでしょうね。
男3人もいればたいがい女性の事務員さんとかがいるはずなのにいない。
雇えば自分らが仕事もしないで遊びほうけてるのが絶対にばれると思って雇わないのでしょうね。
法人とかは国が金をばらまいてると思ったけど協会と名のつくもにもばらまいてるのですね。
これもいわゆる選挙に当選するための支持基盤なんでしょうね。

まっなんかの天下りとかで下ってきた3トリオなんですかね?
こおいう構図が日本の財政を破綻させようとしているのですね。
ってか今、思い出しても鉛筆とかを持ってる姿すら思い浮かばない。
(´-ω-`)
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。