スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民審査05

かねつきせいし
5 金築誠志

そのほかの判断
(金築判事が裁判長として関与・小法廷で全員一致の意見)


 
2009年7月17日 New!
 栃木「足利事件」で、冤罪が確実になって釈放された元受刑者の弁護団が、再審請求の即時抗告審(東京高裁)で、担当の矢村宏裁判長ら裁判官3名の忌避(担当外し)を申し立て、矢村裁判長本人から簡易却下されたことに対し、不服を申し立てる特別抗告(最高裁)で、棄却を決定し、矢村裁判長らが担当を続行するを方針を支持。
 なお、矢村裁判長らは、忌避却下の翌日に、「足利事件」裁判のやりなおしを決めている(再審開始決定)。

2009年7月13日 New!
 警察署の敷地を囲む塀をよじ登って、上に立つ行為が、「建造物」侵入罪にあたるか争われた刑事裁判で、「高さが2.4メートルあり、外から内側を覗けない構造になっている塀は、『建造物』の一部を構成する」として、有罪判決を支持。

2009年6月18日
 松本市(長野)でOLの焼かれた殺害遺体が発見され、その殺人・死体遺棄の犯人とされる男に、無期懲役を言いわたした判決を支持。


2009年4月23日
 宇治市(京都)が発注した公共工事の談合をめぐる住民訴訟で、勝訴し、1億3千万円あまりを業者から市に返還させた住民側が、さらに弁護士費用を業者に請求した訴え → ○ (請求額1500万円のうち、900万円を認容)

 

<東京地裁時代>

1995年10月30日
 オウム真理教(現:アーレフ)の解散請求裁判を担当。「犯行は反公共的で、宗教法人として保護を受けるべき団体とは言えない」として、解散命令。法人格が剥奪され、教団財産も清算された。

1988年4月18日
 いわゆる「ピンクチラシ」を印刷した業者が、売春幇助の罪に問われるかが争われた刑事裁判。「違法な用途であることが、一見して明らかな印刷物であっても、印刷業者に売春幇助の故意がなければ、刑事責任は問われない」との一般論を示し、それを前提に「被告人は、別件で警視庁から2度の注意を受けており、今回も売春の客寄せのための違法チラシであることを知っていた」と認定。印刷業者に執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。