スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の温度33度

こうも暑けりゃ温暖化対策などやってられるかい。
命あってのものだねだ (´-ω-`)
ってことで今年、初のエアコンスウィッチオン。
つけてから冷えてきたのでドライに切り替え。

だいたい政治家じたいが温暖化対策などしてないのに (´-ω-`)
政治家の人等はいまだに黒塗りの高級車とかばかりに乗ってハイブリッド車とかには乗ってない。
だいたい二酸化炭素排出権?とかを金だけ出して買うことばかりしてるのに
温暖化に対してのひっ迫感がありまへん。

政治家の贅沢ぶりとかを考えたら家庭のエアコンなどガンガンかけても問題なしだす (´-ω-`)
温暖化対策とかで車といえば電機自動車とかの開発とかがハイピッチで進んでますが普通乗用車とかのほうが進んでますね。

配送トラックとかのほうが個人的主観で言えば進むと思っていたのですがね。
だってバッテリーの小型化とかや走行距離とかを伸ばす研究とかが課題ですがトラックとかだとあの無意味にでかい荷台とかのスペースとかはまさにバッテリーとかが少々でかくてもスペースを確保できてるので配送トラックから電気自動車は始まると思ったのですが読みは大外れでしたね。

まっトラックだとバッテリーが超大型化になるから充電時間とかがかかりすぎるから開発は後回しってのが理由だと思いますがこれも考え方次第では充電時間ゼロになるという考え方もできますからね。

何故かといえばバッテリーとかを取り外し自由にすればいいだけですからね。
バッテリーの規格とかを統一したらどこのメーカーのトラックでも使えるからリフトとかで載せ替えたら充電時間がゼロになると同じ。
電気スタンドとかは個々の種類のバッテリーを充電して用意してるだけで問題なし。
トラックが充電にきたら変わりのバッテリーを渡したら空のバッテリーが残るからバッテリーの在庫がなくなることはないですからね。

これも考え方を変えたら乗用車にも適用できるから電気自動車に対しての充電時間はゼロと考えられる。
まっこれだと残って電気容量とかが損するって考えもありますがバッテリーの電気容量がどのくらい残っているかは日本の技術で分からないことはないでそ。

補給する分だけ金を払えばいいだけになる可能性は当然ある。
取り外し自由のバッテリーとかのほうが普及すると思うのですがね (´-ω-`)

それと国とかが電機自動車とかに対して応援してないのも電機自動車だとガソリン車みたいに電気自動車に対して道路特定財源とかを組み込めにくいってので応援してないのでしょうね。

ってか環境のためにエアコンの設定温度を28度にしても部屋が蒸せるのですが (^_^;)
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。