スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP3000・10月から順次発売

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PSPの新モデル「PSP-3000」を、日本、アジア、北米、欧州に向けて10月より順次投入していくことを明らかにした。

色ですが
PSP-3000のカラーバリエーションは、ピアノ・ブラック、パール・ホワイト、ミスティック・シルバーの3色展開(カラーバリエーションの数は国・地域により異なる)。
3色です。

またもやこれです (´-ω-`)
昔ながらの商売をまだやりますか?
売上台数が落ち込んできたら新色追加。
厭味ったらしいことしないで出すならとっととカラーバリエーションを
多く出せですね (´-ω-`)

PSP-3000は、軽量・薄型化した現行モデルPSP-2000の本体重量・サイズ・基本機能を踏襲しつつ、映像クオリティーを追求した液晶ディスプレイ、内蔵マイクを標準搭載したものになる。

 携帯機器では最高クラスのコントラスト・応答速度・広色域を実現した液晶ディスプレイを搭載し、PSPの特徴でもある4.3インチの大型高精細画面で従来以上に自然で色鮮やかな映像が実現。さらに、反射低減技術を採用し、明るい場所での画面の視認性が向上した。また、標準搭載の内蔵マイクを利用することで、対応ゲームソフト、Skypeなどのコミュニケーションツールが手軽に楽しめる。

まんまコピーして掲載しています。
宣伝してやってるんだから
ヽ(゚д゚)ノええじゃないか

また、PSPの高品位映像をテレビに映し出すためのビデオ出力機能を拡張しており、ゲームのインターレース出力にも対応。プログレッシブ映像入力に対応していないテレビでも、専用ケーブルを用いてPSPのゲーム画面をアナログ出力が可能となる。

まっ映像面強化と従来のテレビとかでも映像が見れるようになったというだけですかね?
いまいちおもろくない (´-ω-`)
フラッシュメモリー対応タイプだと思ってたけど違った。
現行のUMDとかでは最高1.8ギガしかディスク容量がないので
ゲームとか内容をあげようにも限度がある。

だから今、安くなっているフラッシュメモリーとかの8ギガとかや16ギガタイプとかをのせてゲームソフトの飛躍的向上とかを思ってたのだけどまだまだですね。

ゲームソフトとかをフラッシュメモリータイプとかにするとコピー反乱の危機とかもありますしね。
難しいとこですね。
フラッシュメモリーとかが駄目だとUMD2層タイプとかで容量とかを拡大するとかも思ってたのですが映像面強化だけでしたか (´-ω-`)

ゲームソフト、モンスターハンターポータブルとかの勢いのおかげでPSPの販売総数とかを伸ばせてますがモンスターハンターポータブルとかのゲームソフトとかも容量を多くできないとゲームソフトの進化とかも底打ちしますからね。
先に書きましたがUMD2層タイプだと現行のユーザーとかが使えないって不備がでるのでこれも実現性は乏しいですね。

フラッシュメモリータイプとかのゲームとかになった場合でもそれはいえますがこれは新タイプの形式ゲームとかになるのでこの辺は仕方ないとゲーム会社としては考えますね。

私個人としてはPSPに一番、望んでいるのは車のナビ機能が完璧に使えるように対応してくれたら何でもいいのですがね (^_^;)
やっと新型と思ったけどいつものように色は少なめで出すってのも、もう止めたらどうですかね?
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。