スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう起きましたね (´-ω-`)

10日午後7時50分ごろ、千葉県香取市小見川で、男性が車にはねられ死亡した。運転していたのは同市の会社員の少年(19)で、直後に交番に出頭。わざとはねたと話したため、県警香取署は11日午前、殺人未遂容疑で逮捕した。「父親に仕事関係で怒られいらいらしていた。嫌がらせしようと思った。誰でもいいからひき殺せば、迷惑が掛かると思った」と供述しており、同署は殺人容疑に切り替えて調べている。

誰でもよかった殺人とかにとうとう車が使われましたね。
車で殺害したら死刑にはならないってのを根底から変更しないと
いけない時期になってきましたね (´-ω-`)

 調べによると、少年は父親が経営する造園会社に勤務。会社の軽トラックで、千葉銀行小見川支店行員沢田智章さん(24)=同県成田市七沢=を後ろからはねた。沢田さんは脳挫傷や骨盤骨折などを負い、病院に搬送されたが、11日午前6時25分ごろ死亡した。

昔から車は凶器と言われています。
これを考えれば凶器を扱うようになれば未成年でも制裁は大人を同じにしないといけないですね。
例え未成年がナイフを持って犯行を起こしても凶器を持った時点で法の裁きは大人と同等にすると (´-ω-`)

 現場にブレーキをかけた形跡はなかった。道路は片側1車線、幅6.3メートルの県道の直線部分で、ガードレールなどはなく、歩道と車道は分離されていない。
 千葉銀行によると、沢田さんは入行3年目の営業担当者で、支店から帰宅途中だったという。

動機とかを問えば流行りみたいに誰でもよかったと犯行の動機みたいになってますが実際どんなもんですかね?

自分が弱いので勝てそうな相手を選んだ!


これが正しい犯行の動機だと思いますね。
勝てそうな相手だと返り討ちにあわない (´-ω-`)
強そうな相手を選んだら反対に正当防衛とかで
殺されかねない。

テレビ局側も悪辣な弱い犯人が勝てそうな相手を選んで
犯行に及びました。
ふがいない犯人は凶器をもってまでも自己防衛を選んで弱い人を
襲いましたと揶揄してほしいですね。

害を与えた人を選ぶわけじゃなし犯行とかで無関係の人を選ぶ。
それも無防備とか勝てそうな女子や子供にお年寄り。
なにが誰でもよかったやねん (´-ω-`)

はむかわれても勝てそうな相手しか選んでるやねん。
( ゚Д゚)ゴルァ!!
法というのは行われた犯罪に対して何年かの刑期とかを与えますが
もうそろそろ世間的に弱者というと言葉が悪いですが
お年寄りや子供に女性とかに対して犯罪を行ったら余分に
刑期を長くするような措置を講じないといけないと思いますね。

誰でもよかったという言葉を聞くたびにむしずがはしります。
ちゃっかりと計算して無防備とかや弱い相手を選んでる。
ゲームの中では強い相手に立ち向かっていても社会の中では
弱い相手を選ぶ
自分の弱さを打ち消すために使ってる言葉ですね
誰でもよかったなんて
へどがでます (´-ω-`)
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。